アンカーテキスト分散君EXの便利な使い方

アンカーテキスト分散君EXの便利な使い方を紹介しています。


アンカーテキスト分散君EXは、元々、CSVカッター4号やDUGAカッター、SBSカッターといったCSVカッターシリーズで使うために作ったソフトなので、これらのソフトのランダム要素として使っていただくと便利なのですが、その他にも便利な使い方があります。

例えば、インターネット・エクスプローラー(IE)のお気に入りをエクスポートして、それをまともなリンクに整形することができます。

通常、お気に入りをエクスポートすると、<A HREF="http://www.nifty.com/" ADD_DATE="1341564929" LAST_VISIT="1341564929" LAST_MODIFIED="1341564929" ICON_URI="http://www.nifty.com/favicon.ico" >@nifty</A>のように、無関係な情報が山ほど挿入されてしまいます。

しかし、アンカーテキスト分散君EXを使うことで、以下のようにスッキリとした形に整形することができます。

これはアンカーテキスト分散君EXが、<A HREF="〜</A>の部分を調査し、URLアドレスとアンカーテキストに分解して、その他のものを削除する設定になっているからです。

ただし、IEのお気に入りを処理する場合には少し注意点があり、bookmark.htmはUTF-8で作られているため、Shift-jisに変換した場合に、一部の特殊文字で文字化けするかもしれないということです。

なので、bookmark.htmのソースを開いて、アンカーテキスト分散君EXのテキストエリアにコピペした方が安全かもしれません。




  • アンカーテキスト分散君EXのトップページ




  • Copyright 2013 Masafumi Nakatani.