CalcでCSVデータのダブルクォートを補完する方法



OpenOffice.orgの表計算ソフトであるCalcですが、最新のバージョン(OpenOffice.org 3.4)にしたら、 デフォルトでは、CSVデータのダブルクォートを補完しなくなりました。

以前使っていたバージョンが相当古かったので、最近になって補完しなくなったというのではないかもしれませんが、 テキストをダブルクォートで囲んでくれないと、CSVカッター1号 for DUGAを使うときに狂ってしまうので、 OpenOffice.org 3.4のCalcでも、CSVデータのダブルクォートを補完する方法を紹介しておきます。

まず、CSVデータを編集したら、「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。



すると、名前を付けて保存の画面が出てきますので、「フィルタ設定を編集する」にチェックを入れて、「保存」ボタンをクリックして下さい。



そうすると、下記のような画面が出てきますので、「選択した形式を保存」をクリックします。



すると、Export Text Fileという画面が出てきますので、下記のように設定をして、必ず、Quote all text cellsにチェックを入れて、「OK」ボタンを押して下さい。



これで、カンマではなく、ダブルクォートでテキストを囲みますので、CSVカッター1号 for DUGAを使っても、問題なく処理できるようになります。

CSVカッター1号 for DUGAはダブルクォートで囲まれていることを前提に作っていますので、カンマだけの場合では、CSVカッター2号で読み込んだ時に誤処理になります。


戻る







Copyright 2012 Masafumi Nakatani.