CSVカッターの成果など



ここでは、CSVカッターを自分でテストした結果を少し載せておきます。

2月、3月でSBS系のサイトを20個(50ページ×20個)、4月に7個(50ページ×7個)の合計27個(1350ページ)ぐらい作ったので、2月のデータと、4月のデータを比較してみて下さい。

2012年2月
  ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓    ↓
  
2012年4月
これを見てもらうと、ユニーククリック数が飛躍的に増えていることが分かると思います。

私は今までDTIをメインにやってきたので、SBSは大してやっていず、当初はシルバー会員だったのですが、 CSVカッターのテストがてらサイトを量産したところ、3月からかなりアクセスが増え始め、売上も倍増ぐらいになり、5月にはゴールド会員になれました。

ゴールド会員は、直近の3ヶ月平均が1000ドル以上なので、2月が600ドルでも、3月、4月で2400ドル以上いけば、平均で1000ドル以上のゴールド会員になれます。

正直、1350ページぐらいでここまでアクセスが増えるとは思ってもみなかったのですが、SBSのCSVデータは昔からなく、利用している人が少ないのかもしれません。

(4月の中旬から、CSVカッターの特典として付けている「SBSカッター for ブログ」も使っています)

SBSのCSVデータは画像が使えるため、クリック数が飛躍的に増えているような気がしますね。

どんな感じで量産したかは今のところ詳しくは言えませんが、私は中古ドメインカッターの作者ですので、当然、割と良質な中古ドメインも使っています。

ただ、27サイト全てで中古ドメインを使ったわけではなく、FC2の無料ホームページやSBSの無料サーバーも使いました。

もちろん、無料サーバーでは力がありませんので、あることをやっています。

あと、今回、奪取SEO3のテンプレートを使って、サイト毎にテンプレートを変更しました。

奪取SEO3は、テンプレートのソースが全て組み替えられて作られていますので、量産する場合にはすごく便利になっています。

奪取SEO3に関しては、「奪取SEO3【プレミアパック】SEOマニュアル&テンプレートセット」が一番お得だと思います。

値段の安いテンプレートセットでもいいとは思いますが、3カラムなどの追加テンプレートがありませんので、ちょっと損かなって気がします。

テンプレートのソースが違うと、雛形を作り替えたりするのが面倒ですが、同じテンプレートで量産するのは好ましくありませんので、この辺は少し時間をかけてやってもらった方がいいですね。

あと、ランダム要素などは1種類だけでなく、複数用意することにより、●●の分散もできますので、ある程度作ったら、変更するなどした方がいいかと思います。

CSVカッターは重複コンテンツを避ける工夫を色々していますが、自分で作った雛形やランダム要素も使い回しをしすぎず、ある程度作ったら手を加えるいったことをした方が無難です。

CSVカッターはツールですので、どう使うかはご自身で色々試行錯誤しながらやってみて下さい。

弟子入りしたいというお問い合わせをたまに頂くのですが、手法を全て伝授する「中谷塾」みたいなことをやる気はないので、ツールを使って色々ご自身で実践してみて下さい。


【追記】

2012年5月のデータも載せておきます。

2012年5月

5月は無料ホームページ(F●2)が2個削除されたり、あまり量産をしなかったこともあり、正直、伸びていません。

一応、3個(50ページ×3個)ぐらい新たに作ったのと、以前に作ったサイトに更に50ページを追加するというようなことも5サイトぐらいはやっています。

それと、毎日、SBSカッターを使って、5個前後はブログを更新しています。

とにかく、無料ホームページ2個が削除されたのが結構痛かったですね。

今回、試験的に無料ホームページを多用しましたが、こういった削除リスクがありますので、 IP分散のために2,3個使うのはいいですが、あまり使わない方が無難だと思います。

入会率も3650ぐらいなので、4月とほとんど同じですね。


ついでに、2012年5月のDTIのデータも載せておきます。

DTI

DTIについては、2月の時点からあまり変わってないですね。

入会率はいいですが、PPVが多いので、新規売上額はSBSに負けてしまいました。


【更に追記】

2012年6月のデータも載せておきます。

2012年6月

6月は合計のユニークヒット数が更に2万ぐらい増えています。

そして、入会率は少しよくなって、3100ぐらいですね。

量産もそれなりにしましたが、これ以上は結構しんどいので、 このぐらいの報酬をキープできればと思っています。

ついでに、2012年6月のDTIのデータも載せておきます。

DTI

DTIはいつもあまり変わらないですね。

さて、報酬の公開はこの6月で終わりにしようと思います。

これ以上やっても自慢みたいになるだけですし、意味がないと思うので。

私が言いたいのは、アダルトは割と安定して稼げますよということです。


ただし、CSVカッターを使ってサイトを作っただけで稼げるというものではありません。

CSVカッターにはランダム要素や日本語ファイル名などといったSEOに活用できる機能もありますが、 飽くまでサイト量産ツールですので、頭を使って量産するようにして下さい。

単純な量産や安易な対策ではパ●ダやペ●ギンに捕まりますので、頭を使って下さいね。


※CSVカッターの注意点:ソフトはZIP形式で圧縮されていますが、 解凍する際に簡易なソフトで解凍すると、完全に解凍できないことがあるようで、 一部のツールが起動しなかったり、不具合が生じることもあるようです。

解凍ソフトはフリーソフトで充分ですが、簡易なソフトを使うのではなく、 +Lhacaなどしっかりしたフリーソフトを使うようにして下さい。


【再度の追記】

前回で報酬データの公開は最後にする予定でしたが、7月は日本でもパンダが適用され、 CSVカッターで作ったサイトがどうなっているか気になっている人も多いようですので、 SBSの報酬データを公開しておきます。

2012年7月

パンダの翌日の19日に20%程度ユニーククリック数が減っていますが、その後少しアクセスを戻し、 25日のパンダの更新以降は、パンダ前の10%減ぐらいまで戻ってきています。

パンダ以降は少しアクセスを落としていますが、トータルで先月より15000ぐらい増えています。

それと、7月は入会率が2700ぐらいとかなりよかったです。

報酬も3000ドルを越えてきましたので、2月からの半年で報酬が5倍ぐらいになっています。

パンダに引っかからないかどうかは作り方次第だと思いますので、面倒だからといって安易な方法に走らず、 オリジナル性を高めるよう工夫するといいかと思います。

今度こそ、報酬データの公開は最後にします。

中谷塾みたいなことはやる予定はありませんので、ご自身で試行錯誤しながら頑張ってみて下さい。

CSVカッターの応用的な使い方をアップしましたので、参考にしてください。
(実際に私が使ったものとほぼ同じ雛形やブログ用のテンプレもアップしています)


CalcでCSVデータのダブルクォートを補完する方法
戻る







Copyright 2012-2017 Masafumi Nakatani.