フリーソフト「MTカッターHTML」TOP > 雛形カスタム

雛形カスタムの説明

「MTカッターHTML」には、デフォルトのテンプレートとして、「雛形デフォルト」が存在しますが、自由にカスタマイズしたり、市販のテンプレートを使ったりすることもできます。

雛形デフォルトを編集する場合には、まず、雛形デフォルトのところで、マウスの右クリックをして「すべて選択」を選びます。

そして、「コピー」を選択します。

コピーしたら、編集しやすいように、メモ帳に貼り付けます。

雛形デフォルトの内容は、

■個別ページ(数字+タイトル名.html)、

■トップページ(index.html)、

■雛形パターン1(本文の中身)、

■雛形パターン2(本文の中身)、

■スタイルシート(style.css)となっており、

■個別ページ(数字+タイトル名.html)は、{{{ 〜 }}}内、

■トップページ(index.html)は、『『『 〜 』』』内、

■雛形パターン1(本文の中身)と、■雛形パターン2(本文の中身)は、各【【 〜 】】内、

■スタイルシート(style.css)は、「「「「 〜 」」」」内の内容が採用されます。

個別ページ(数字+タイトル名.html)の説明

■個別ページ(数字+タイトル名.html)のルールは以下の通りです。

<<キーワード語句>> … 各記事のタイトル(例:髪の毛を増やすサプリ 通販)

<<キーワード分割>> … 各記事のタイトルの内容のスペースをカンマに変換して分割(例:髪の毛を増やすサプリ,通販)

<<サイトタイトル>> … 「MTカッターHTML」で入力したサイトタイトル(例:ニート社長)

<<本文>> … ■雛形パターン1(本文の中身)または■雛形パターン2(本文の中身)の内容。

※雛形デフォルトでは、■雛形パターン1と■雛形パターン2は同じ内容ですが、違う内容にすると、ランダムで採用されます。更に【【 〜 】】内で囲んだ雛形パターンを追加することにより、■雛形パターン3、■雛形パターン4といったように、ランダムで使う雛形パターンを増やすことができます。

<<ランダム>> … ランダム要素

トップページ(index.html)の説明

■トップページ(index.html)のルールは以下の通りです。

<<サイトタイトル>> … 「MTカッターHTML」で入力したサイトタイトル(例:ニート社長)

<<リスト>> … 「MTカッターHTML」で作成した個別ページのリスト(エンコードを選択した場合は「_listエンコード.htmlの内容」、日本語を選択した場合は「_list日本語.htmlの内容」)

雛形パターンの説明

■雛形パターン1(本文の中身)と、■雛形パターン2(本文の中身)のルールは以下の通りです。

<<タイトル>> … 記事のタイトル(TITLE:〜)

<<説明文>> … 記事の内容(BODY:〜)

<<時間>> … 投稿時間(DATE:〜)

<<カテゴリ>> … カテゴリ(CATEGORY:〜)

<<アドレス>> … 著者名(AUTHOR:〜)

スタイルシート(style.css)の説明

■スタイルシート(style.css)のルールは以下の通りです。

<<文字カラー>> … 「MTカッターHTML」で選択した「緑」「黄」「桃」「青」「水」に置き換えます。

(「緑」は「green」、「黄」は「olive」、「桃」は「fuchsia」、「青」は「blue」、「水」は「aqua」です)

上記のルールに則って雛形を作成することにより、オリジナルの雛形を作成することができます。

なお、不要な項目は削除しても問題ありません。

市販のテンプレートの説明

市販のテンプレートなどを使う場合には、あらかじめスタイルシートは設定されていると思いますので、■スタイルシート(style.css)の項目は削除してもらって結構です。

なお、市販のテンプレートを使う場合には、文字コードはShift-jisで保存してください。

UTF-8形式のテンプレートをShift-jis形式に変換する場合には、TeraPadを立ち上げて、「ファイル」→「文字/改行コード指定保存」を選択してください。

そして、文字コードの部分を「SHIFT-JIS」に変更して「OK」ボタンをクリックしてください。

改行コードは大体、「CR+LF」形式になっていると思いますので、そのままで問題ないです。

オリジナルの雛形ができたら、雛形カスタム1〜3の部分に貼り付けてください。

Windowsの特性上、データ量が多いと、全てを貼り付けることができませんので、全てを貼り付けることができない場合には、テキストファイル(*.txt)か、HTMLファイル(*.html)で保存した上で、「読み込み」ボタンから読み込んでください。

雛形カスタムのデータは、「一斉保存」のボタンをクリックすると、雛形カスタム1〜3の内容を保存することができます。